おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

2011年10月16日

2011年10月16日

【№411】神様の女房

お掃除でココロもからだもhappyに♪♪♪
【仕事を志事と感じる瞬間】栄水化学の感動ムービーはこちら

今日は一日、産業カウンセラーの養成講座に出席。
4月から始まった養成講座もあと1回になりましたが、
肝心のカウンセラーの資格試験まで
3ヶ月くらい時間があるので、
同じ養成講座で学んでいる仲間と
月2回ほど集まって自主勉強会を開くことに。
ということで、まだまだ自由な日曜日は
来年2月まではお預けです。
もう一つ別の医療関係の資格試験にもチャレンジ中ですので
日々勉強です。
ところで、昨日NHKで
松下幸之助の奥様に焦点をあてたドラマ、
”神様の女房”の最終回でした。
ご覧になられた方も多いのでは?
松下幸之助を尊敬するうおさおとしては
チェックしなければいけない番組と思い、
見ておりました。
経営の神様として一代で世界的企業に育てた松下幸之助、
偉大な経営者をかげで支えた奥様は
もう一人の創業者としてクローズアップされています。
あの松下幸之助にも何度もピンチがあった。
そのピンチには神様といえども
失意のどん底も味わい、
やる気も失い、家にも帰らず、
飲めないお酒を飲んだりしたそうです。
そういう時に生来の明るさで意欲を奮い立たせたのが
奥様の存在だったそうです。
そういう意味で今の松下を育てたのは、
奥様であったのかもしれません。
どんなときでも
自分も意見しつつ、
旦那が恥をかかぬよう
そっと裏でさまざまな準備をしておく。
男には面子というやっかいなものがありますが、
その面子も大切に男を立てることも忘れなかったのが
松下むめの、奥様だったようです。
わがままで人一倍神経質で
心に闇があったと言われている
経営の神様、松下幸之助。
その心の闇に明かりを照らしていかれたのも
奥様の役割だったのでしょうか。
今日はドラマを見た影響で
本屋で原作本まで買ってしまいました。

神様の女房 神様の女房
(2011/09/09)
高橋 誠之介

商品詳細を見る

         難儀もまた楽し―松下幸之助とともに歩んだ私の人生 難儀もまた楽し―松下幸之助とともに歩んだ私の人生
(1994/08)
松下 むめの

商品詳細を見る

うおさおもまだまだ修行が足らんようです。
勉強勉強の日々・・・

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP