おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

2020年10月30日

【632】高校生がインターンシップに来てくれました

しばらく、書いていなかったブログ

日々のことを忘れないためにも書き留めておこうと思い

また、発信していきます

今日は地元の高校1年生が2名

1日仕事体験に来てくれました

 

午前中は、会社を知ろう!ということで

会社紹介のための資料作りと社長へのプレゼン

午後からは、実際にスタッフと現場作業体験に

午後からの現場作業体験では、当社の制服に着替えて現場に入りました

 

話を聞く、映像で観る、だけでなく

制服を実際に来て、現場に入ると

仕事を感じる深さや広さも変わってくると思います

 

たった1日の体験が将来に役立つ事はないかもしれませんが

ほんのわずかでも成長に繋がる1日になるよう

精一杯関わらせていただきました

 

午前中、30分程度お話の時間をいただき

学生と社会人の違って?

人が成長するってどういうこと?

成長するためには何が必要?

そんな質問を投げかけてみました

 

質問すると考える

なんとなく、ぼやっと理解していることも

改めて質問されると

なんだっけ?と感じ、同時に考え、

言葉にしてみることで

自分で言葉の定義づけをする

 

そんな時間になったと思います

 

中小企業がインターンシップに取り組む機会は増えて来ました

学校からのオファーに仕方なく応える企業や

会社・上司からの業務命令に仕方なく引き受ける現場サイドなどの構図が見受けられますが

そこに掘り込まれる若者にとっては

苦痛な1日になることでしょう

 

仕事に対してのイメージや

その企業に対してのイメージもよくなる可能性は低く

ネガティブイメージをこのような機会に若者に植えつけてしまうと

企業にとっても若者とっても学校にとっても

貴重な時間が浪費される時間になってしまう

 

なんともったいない

 

若者を会社で預かる時間は

企業にとってもチャンスの時間にできます

今すぐ収益につながらないけど大切な仕事ってあります

それは少し先につながるための仕事っていうことですけど

長寿命の会社ほど、先に繋がる仕事を大切にし、

日々の仕事の中に盛り込むことがうまいと感じます

 

緊急ではないけど大切な仕事

インターンシップはそういう領域の仕事でもあり

私たちの明るい未来にもつながる仕事にできる

 

経営者は目先以上に未来を明確にイメージして

今日明日を行動しなければいけないな

と改めて感じる1日となりました

 

 

2019年10月1日

【631】ありがたさ

人と別れてその人の大切さがわかる

病気になって生きていること健康でいることの大切さがわかる

苦しさを感じてわかるありがたみ

自分の不出来を恥じ、悩むことも

立ち止まらず動きながら考えてみることにする。

孤独で一人ぼっちだと感じていたことも

支えになってくれる人も現れて

人の温かさに助けられる。

そんなことがなくても

ありがたさを感じられるといいのに。

当たり前に感謝できる自分づくりを目指していきたい。

2019年09月29日

【630】幸せと感じるとき

今年で50歳を迎えた私。

約10年ほど前から

私の誕生日を従業員さんが

お祝いをしてくれる。

毎年、趣向を凝らして

手作りプレゼントをいただく。

心の底から嬉しいと感じるのだが

恥かしい気持ちのほうが勝って

嬉しさを表現するのが下手で

こっそり準備してくれた従業員さんを

少しがっかりさせているのかもしれない。

こんな自分をお祝いしてくれる従業員さんには

感謝しかない。

恒例行事になってはいけない。

当たり前になった瞬間、

感謝の気持ちが期待に変わるから。

感謝の感度が低くならないように

もっと従業員さんの日常を観察し

彼らへの感謝への感度をあげていこう。

日常の当たり前に感謝を感じる場面があるから。

幸せは目の前にあるものでなく、

幸せは自分の心がきめるものだから。

カレンダー

November 2020
M T W T F S S
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP