おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

うおさおの歴史

2014年04月14日

【♪603♪】人が意見を持つ経緯

心と身体がHAPPYになれる環境をつくり

働く女性と子供たちの未来を応援する

 

人に大切なことをどう伝えるか

今年の僕の一年のテーマ

 

しかし

僕の言葉を聞いた人の捉え方はさまざま

 

それぞれの人が持っている知識と経験が違うので

耳から入った言葉や観た映像からも

その人の知識と経験で自分なりの解釈をする

そしてたぶんこういうことを言っているんだろうと

伝えてもだめなんだ

伝えた後に

共感してくれているのか確認することがないと

理解してくれたのかはわからない

 

 

人は事実に対して

自分の知識と経験で意味づけをし

事実としない部分も自分の知識経験により推測する

そして自分なりの仮説をもち意見となる

さらに仮説を裏付けるための事実を集めて

自分の意見は正しいと確信に変わっていく

 

人それぞれ考え方が違うことを前提に

何事も考えなくてはいけないし

相手の考え方を尊重したうえで

自分の考え方を伝えるようにしていかないと

相互理解には至らない

 

自分の言葉を伝える前に

相手の意見を受け入れていく

なぜそう考えるのか

そう考えるに至った経緯を知ることは

その人の知識と経験を知ることになり

相手の意見を受け入れる準備となる

 

わかりやすく伝えるために

使う言葉を変えるだけでなく

それぞれの意見を受け入れる準備が必要だと

今日は学んだ一日

2008年09月4日

【№29】営業に必要な力を身につける

3代目社長のうおさお日記!!!  清掃業から環境整備業へ業態転換中!!!
私は現在38歳です(もうすぐ39歳ですが・・・)。
22歳で大学を卒業後、当たり前のように就職いたしました。
日本NCR株式会社というコンピューターメーカーに就職しました。
まったく今の仕事とは畑違いですが、営業の仕事に就きたかったため
営業が学べる会社ということで、最終的にある銀行の内定をお断りし
コンピューターメーカーにお世話になることにしました。
おおよそ2年間の在籍ですので、短い期間でしたが多くの経験をさせていただき
また、当時の上司はじめ同僚には大変お世話になりました。
私がNCRに入社して2年目の年に、一人でお客様を担当することになりました。
お客様は、とある地方百貨店です。
なんと担当になって、初日にコンピューターのトラブル発生!!!
お客様のことを把握していない私は何のことかわからず、とりあえずお客様のところへ。
とても失礼な対応だったとは思いますが、謝罪に行きました。
謝罪することもままならない私が、上司に相談しながら何とか乗り切ったことを覚えています。
深夜まで機械のトラブルの対応をし、その日は上司にも助けていただき、営業という仕事の
大変さを経験した一日でした。
その時にその当時の上司に教えていただいたのは、お客様が何を言っているのか
何をしてほしいのかをよく聞き取ること。ただし、それは自分の言葉として解釈するのではなく
あくまでお客様の意思どおりに解釈する事でした。また、自分の伝えたいことを
自分の意思どおりにお客様につたえることでした。
トラブルを謝罪したところで何の解決にもなりません。ただちに対応策を考え、いつまでに
修復できるかを伝え、今後同じトラブルを起こさないようにはどうすればいいかの方法を
提案する。営業の基本を実際に経験した一日でした。
それ以降、お客様に限らずいろんな方と会話する際に気をつけていることがあります。
問いと確認です。わからなければお互いが理解しあえるまで質問を繰り返し
”これはそういう意味ですね”と確認をするように心がけるようになりました。
私は話が上手なわけでもなく、営業成績が良かったわけでもありませんが、
お客様との良好な関係作りを大切にするためにはどうすればいいかだけを
考え、お客様と接してきました。喜んでいただくために気持ちを込める。
ビジネスマナーや接客態度に縛られることなく、お客様のお役立ちに徹する
気持ちが何よりだと思います。
人間を磨ける職種=営業   ではないでしょうか?
営業に必要なスキルはテクニックや研修でも学べます。しかし、
テクニックや研修で人間は磨けません。
自分の好きな人とだけ付き合う人、または付き合えない人は、営業に本当に
必要なスキルを身につけることはできないと思っています。
自分が苦手にしている人や付き合いにくい人との関係づくりは、自分は磨け、
また教えられることも多いものです。
苦手としていることや人から離れるのではなく、その中に自分から飛び込み
心を自分から開いていけるようになる感覚を体感するとき、少し自分が
成長できたような感じにもなり自信にもなる。その自信はやがてその人の
人間力をも自分で自然と磨いている。営業という仕事は、そういったことまでも
教えてくれる仕事ではないでしょうか。

2008年08月15日

【№17】小さい頃のうおさお

3代目社長のうおさお日記!!!  清掃業から環境整備業へ業態転換中!!!
世の中はお盆休み真っただ中。今日もブログ更新します・・・
お盆休みは、お墓参りが定番ですが、私は、お盆でなくても
よくお墓参りに行きます。
栄水の創業者が眠っているお墓に。
栄水の創業者(私の祖父、松本龍太郎)は、私の尊敬する経営者であり
現在の私の支えでもあります(亡くなっていますが)。
よく考えが行き詰ったり、悩んだりすると、お墓参りかねて相談に行きます。
もちろん、答えは頂けませんが、心を静める場所として会いに行きます。
創業者は、私を後継者に育てたかったのでしょうか、小さい頃から
礼儀・礼節には厳しく、また、”なんにでも一番を目指せ”としきりに
言われたことを覚えています。
”なんにでも一番を目指せ”・・・子供にはプレッシャーだと、近頃の
教育事情では思うでしょう。
当時の私には、プレッシャーでも何でもなく、むしろモチベーションでした。
毎日のように言われ続けたと思うのですが、おかげさまで
究極の負けず嫌いになりました。
”○○をしてはいけません”、”勉強しなさい!”などと言われたことも
なく、自主性を育て、自らでやる気を引き出す教育を受けてきたのだと
これくらいの年齢になって感じます。
”なんにでも一番を目指せ!この言葉が、私の生き方やいろんな考え方に
結びついているような気がします。
育った環境が人を育てる。まさに、今の自分の基礎を作ってくれたのは
創業者であり、両親のおかげだとつくづく感謝します。
当社の経営理念、”誠心誠意 環境づくり 人財づくり” はこうした
背景があるのです。
また、私の小さい頃のお話も、うおさおの歴史の中で綴ります。
明日はブログお休みしますzzzzzz(家族との時間を過ごしてます)

カレンダー

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP