おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

2009年09月16日

【№181】セミナー開催 インフルエンザ対策編②

3代目社長のうおさお日記!!!
昨日のブログに引き続き、
当社開催のインフルエンザ対策セミナーの
内容をお伝えします。
今日は BCP=事業継続計画書について。
最近新聞でもよく見かけるキーワード、
BCPとは、
企業が自然災害、大災害、テロ攻撃などの緊急事態に
遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限に
とどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を
可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時に
おける事業継続のための方法、手段を取りきめておく計画のこと。
インフルエンザが社内で蔓延し、社員の大半が欠勤した場合、
事業が継続できなくなり、廃業に追い込まれたりするリスクを
あらかじめ想定し、有事の際の計画を立てておきましょう、というものです。
計画作成のメリットは2点
① 中核事業を一定レベルで継続することができ
   経営への影響を最小限に抑えることができる
② 緊急時の対応について取引先や、協力会社に
   事前に説明を行うことにより信頼・信用を得る
事業継続の計画を立てる際に、企業がどのような
検討をしなければならないか、というと
・どの業務を継続させるか
・欠員者が出た場合、どこから補充するのか
・材料の供給は安定して受けられるのか
・顧客への連絡は
・自宅勤務は可能か
・出勤停止命令時の給与支払いは
・事業所のセキュリティーはどうするのか
・売掛金等の処理は
など、日常業務から本社機能、人事面、経理面に
いたるまで多岐にわたり検討の必要があります。
大手企業などではすでに策定を個々の企業で進め、
社外・社内に発表されております。
しかし、中堅・中小企業ではまだ策定を検討中であったり、
策定を検討していない企業がほとんどであることが
現状です。
策定の手順としては、
① 経営者自らが率先してBCPの策定・運用推進に当たる
② 社内でプロジェクトを立てる、または策定・運用への参画の人選をする
③ 取引先企業や協力企業との意見交換やすりあわせを行う
④ BCPを策定し、運用に取り組んでいる事を全ての従業員に周知する
となります。
この策定に当たっては、労務的な側面も関わってくるため、
社労士などのアドバイスも必要になってきます。
例えば、自宅待機や出勤停止時の給料の支払いはどうすればいいか?
このようなデリケートな問題も策定において検討すべき問題になります。
当社ではBCPについて現在策定中でありまして、
小冊子の作成も検討しておりますので、
みなさまにお役に立てる冊子ができましたら、
お伝えさせていただきます。


コメントを投稿する


 
※メールアドレスは投稿されたコメントには表示されませんのでご安心下さい。

Comment


*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP