おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

うおさおのつぶやき

2014年07月24日

【♪620♪】自分の心

心と身体がHAPPYになれる環境をつくること

働く女性と子供の未来のために

 

毎日当たり前のようにしていることの一つに

”息”をしていることを挙げる人は少ないだろう

”呼吸”をする・・・?

頭がおかしくにでもなったのか?

と思われるかもしれないが

この”息”をする”呼吸”をする当たり前の行為に

意識していこうと心がけている。

 

呼吸が浅いな~

何か息苦しいな~

と感じることが多いのだが

これは胸で呼吸をしているため

どうしても吸うことが中心となり

吐くことを少しおろそかにしていることに

気付いた時から

お腹から息を吐くことを中心に

呼吸を意識しはじめた時から

呼吸の浅さや

息苦しさから

少し解消されてきた

 

最近出逢った本にこんなことが書かれていた

”息”という字は

”自らの心”と書く

心の状態が、そっくり息の仕方に出る

”息は心なり”

 

緊張したり

落ち着きがなかったり

心が乱れたときは

自分では息の仕方に意識がいかないだろうが

呼吸が乱れている

 

心の落ち着きを取り戻すのに

一番手っ取り早いのが

呼吸を整えること

 

呼吸を整えることは

自分の心を整えることを体感すると

”息”をするという

この当たり前の行為も

当たり前ではなくなる

 

サプリメントや様々な健康法より

自分の体を整えていくために

毎日一番誰もがたくさん実践している

呼吸を見直すことが大切だと思う

 

 

 

 

 

2014年05月13日

【♪619♪】一人じゃない!安心感

心と身体がHAPPYになれる環境をつくること

働く女性と子供の未来のために

 

”かわいい子には旅をさせろ”

と昔の人が言ったように

ちょっと険しい道を選んで歩くような子供の方が

たくましく育っていきます

 

遠回りしてでも自分で進むべきの道を選ぶ覚悟と

自分の選択に責任を持てる人の方が

自分に自信が持て

また人としての魅力も備わってきます

 

険しい道なら苦労が多いはず

 

上手くいくことよりも上手くいかないことの方が

勉強になることも学んでいきます

 

上手くいったら

”うれしい”で終わってしまう話も

上手くいかなかったら落ち込んだり悔しくなったりするけど

”二度と失敗したくない”

という気持ちが生まれ

なんで上手くいかなかったか考える機会となる

 

そこから課題や解決方法も見つけようと考える

 

そして少しでも自分を変えていこうと

試行錯誤する一つ一つが

成長につながるんだと思うんです

 

 

”失敗は成功のもと”

これも昔から言われている言葉です

失敗は成功に導いてくれるチャンスだと捉えると

無駄なことなどひとつもないなと感じます

 

未来のことは見えないから不安になる

 

その道を曲がった先はどうなっているんだろうか

結果ばかり気にしていると

道を曲がることをためらったり引き返したりするけど

曲がってみないと先は見えないんだから

結果なんて気にせず道を曲がってみる

 

それが新しい経験になるし

知らなかった世界が見えてくる

 

その先にある何かを期待して行動するんじゃなくて

やってみて上手くいかなかったりすると

自分の至らない部分や課題に気付いて

できるところからでも自分の考え方や行動や習慣を

変えてみようと思うことが成長につながるんじゃないかな

 

 

こんな風に考えられるようになってきたのも

僕の場合は両親のおかげだと思うんです

 

小さいころから進むべき道は自由にさせてくれましたが

自分で選んだ道をいつも応援をしてくれ見守ってくれていました

 

栄水化学に入ってからも思うようにさせて頂きましたが

その過程は失敗の連続

 

しかし

その経験があるからこそ少しずつでも

前に進むことができてきたんだと思うんです

 

自由にできる環境には必ずリスクがあります

 

自由を手に入れたと同時にリスクも手に入れることになります

 

そのリスクを受け入れる覚悟と責任が

自由を手に入れる際にはついてくることを忘れてはいけません

 

両親からは自由を手に入れるということは

どういうことなのかを経験を通して教えられたと思いますし

わがままな息子には何を言っても聞かないだろうから

失敗させて経験させた方がいいと思ったのかもしれませんね

 

でもだからこそ今があり

すべてに感謝することもつながる

 

先日フィギアスケートの浅田真央選手を育てた

佐藤信夫コーチの特集をテレビで観ました

 

ソチオリンピックの最初の演技で大失敗に終わった失意の浅田選手に

佐藤コーチはこう声をかけたそうです

 

”真央ちゃんに何かあったら、先生が助けに行くから

だから、明日は精一杯演技すればいい”

 

翌日の演技を前にどうしようもなく落ち込んでいた

浅田選手の気持ちにスイッチを入れたコーチの一言

この言葉には決して表面的な付き合いでは言えない

愛情の深さと責任の大きさを感じるんです

 

コーチと選手の関係は

会社で言えば上司と部下

家庭で言えば親と子供の関係にも似ています

 

がんばっている人に向かって

”もっとがんばれ!”

という言葉より”

がんばってるね”

という言葉をかけられた方が嬉しいですし

落ち込んでいる人に向かって

”もっとがんばれ!”

という言葉より何より

愛情でその存在を受け入れる

”今のあなたでいい。でも何かあったら助けに行くよ”

という安心感が

孤独な気持ちを切り替えさせてくれるんだろうと思うんです

 

チャレンジには失敗がつきまとう・・・でも

”何かあったら私が責任は取るから”

その言葉

その環境が育てる側の心にあれば

自分で考えて自分を律していく生き方ができる子供たちは

増えていくんだろうなと

テレビを通して自分の経験を通して感じています

 

叱られた経験も大切

喧嘩した経験も大切

すべての経験から何に気付いて

どう自分を変えていくかを考え行動するかが

子供にとってもまた大人にとっても

”育つ”ということではないでしょうか

 

明るい未来が待っているんじゃなくて

明るい未来を自分たちの力で作るために

今を明るく生きていくことが大切

 

回りにいつも笑顔で声を掛けあっていける空気を

一人一人作り出していくことから

 

2014年04月30日

【♪618♪】向き合う

心と身体がHAPPYになれる環境をつくること

働く女性と子供の未来を応援する

 

今日から始まったスタッフ面談

一年間を振り返ってみて

自分を振り返る大切な時間

 

やってきたことを見返してみて

できたことできなかったことを

もう一度振り返り

できなかったことを掘り下げてみて

新しい気付きとなる時間にしていくように

面談を進めていく

 

一人一人の成長につながる

一人一人の未来につながる

そんな面談にしていくために

新しい気付きとなる質問を

投げかけていこう

 

 

 

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP