おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

うおさおのつぶやき

2015年06月2日

【♪626♩】一番見えにくい存在

栄水化学は6月1日から第41期を迎えます

 

いつもと変わらない朝を迎えて
いつもと変わらない業務を遂行していく中で
ちょっとした変化を見逃さずに
小事を大事に感じる感性を磨き
小事を積み重ねることで
大事を成し遂げることのできる会社に
育てていけるよう
共に働く仲間の成長と
いつもきれいな環境を
お客様にご提供できるよう
自分を磨いていきたいと
新たな決意で臨みたいと思います

 

今日の気づきとして

 

いつも自分に矢印を向ける

 

外側から自分をみることの例えですが
他人のことはよく見えますが
自分のことは案外よく見えないものです

 

経営はいつも意思決定の連続ですが
意思決定までのプロセスや
意思決定する際に
自分のクセがあることに
気付かされます

 

何のためにその仕事はするのか
目的に沿った仕事なのか
ありたい未来に近づける仕事であるかどうか

 

いつまでにやる仕事で
いくらくらいかかる仕事で
だれがやる仕事で
どういう方法でやる仕事で
という計画はあるのかないのか

 

計画は立てたが
計画を立てることが仕事になっていないか
行動はするが
やりっぱなしになっていないか

 

経営のやり方に正解はないのでしょうが
あるべき姿に近づいていけるようにするためには
原理原則があり
頭で言葉でわかっていても
実践できなければ
得たい結果はとうてい得られないと
今更ながら気付かされます

 

人のことはよく見えるが
自分のことをよく見えるように
日々の振り返りと
そこから見えてくる気づきを
自分の行動の変化や改善につなげていく

 

一日一日振り返り
一日一日気づき
一日一日変化し
一歩ずつありたい姿へ近づいていけるように

2015年04月16日

【♪625♪】やるべきこと

子供たちが明るく育ち

地域がHAPPYになれる環境づくりを目指して

 

最近いろんな方から

依頼される機会が増えてきた

お金の授受以外で

基本的にお引き受けするように

自分で決めている

 

できそうかどうか

損か得か

 

この2点は全く考慮しない

 

やったことがなくても

できそうになくても

得にならなくても

損をするかもしれなくても

 

何かを期待して

ご依頼いただくこと自体が

光栄なことだから

そんな期待に応えることが

自分にとって新しい学びの機会になり

相手に喜んでいただきたい想いで取り組むことが

自分のやりがいでもあるから

 

やったことがないから

自分にとって利益にならないから

 

と言って

せっかくの機会を

自分から逃してはいないだろうか

 

できそうなことは

上手くいく可能性は高くなるし

得になりそうなことは

多くの人でも誰でもやりたがる

 

よく先代から言われた言葉に

人の嫌がることを

積極的にやりなさい

という言葉を思い出す

 

その言葉の意味が

身に染みて理解できるようになってきた

 

 

 

 

 

2015年02月10日

【♪624♪】いくつになっても

心と身体がHAPPYになれる環境をつくること

働く女性と子供の未来のために

 

先日は4月入社予定の

内定者に向けての研修を行った

月1回のペースで会社にきてもらい

会社の雰囲気になれるだけでなく

すぐに仕事にかかれるように

入社後研修前の研修として

会社のルールや考え方

基本的なサービス知識や技術を

学んでもらうことを目的に実施している

 

新人の現場のスタッフの研修も

昨日は開催したのだが

内定者は20歳過ぎ

現場スタッフは40歳代、60歳代と

世代の幅広い研修生を混合して

初めて研修をやってみた

 

初めての試みには

初めての経験があり

いくら予想していても

想定外のことも起こり

よって結果も予想通りとはいかないもので

それらをすべて楽しみ

また研修を終えて振り返ることが

いつも大切だと思っている

 

若い世代にとって

人生経験が乏しいことは当然だが

社会的地位を基準に人をみるクセがついていると

僕はろくなことがないなと思っている

ようするに

その人の表面的に見えていることが

すべてその人を作っている的な

人に対しての評価をするっていうことだ

 

この日は

若い世代にとって何が学べたのだろうか

人生経験が乏しい彼らが

これから散々社会に出て

自分の思った通りに行かないことを経験し

そこから自分を鍛えるために

辛抱したり考えたり悩んだり

またトライしてみたりくじけたり

逃げ出したり喜んだり

泣いたり笑ったりしながら

自分なりの人と人の付き合いやすい距離感を探していく

 

どんな人からも学べることを

体感した一日だったのだが

どれほど感じられたかわからない

 

どんな体験からも

何かを吸収しようと意識して

アンテナを立てれば

いろんなことを吸収できる

 

まるでスポンジのように吸収する若い世代は

いろんな体験から

謙虚に学ぶ姿勢を忘れて欲しくないと思うし

また

若い世代から

僕自身が学べる器をいつも

持っておきたいと感じた一日だった

 

心の器の大きさには

いろんな考え方を受け入れる余裕と関係性があるとするならば

年齢を重ねるほど

いろんな考えを受け入れる余裕さが失われていかないように

いろんな世代と付き合う中で

いつも謙虚さを忘れずに

どんな相手のことも理解しようとする姿勢を

持ち続けるように意識すること

 

僕の潜在意識に働きかける

 

 

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP