おそうじ一筋50年。心と身体がHAPPYになれる環境をつくる栄水化学

フリーダイヤル0120-573-577 営業日/時間:月~金 9:00〜18:00

文字サイズ

栄水化学の社長ブログ

2011年02月3日

【№339】立場が変わると

お掃除でココロもからだもhappyに
【ツイッターでもつぶやき中~】
↓↓こちらをクリック↓↓
   うおさおツイッター

立場が変わると言葉が変わることがある。
例えば、消費者の立場であれば文句を言うが、
製造者・サービスを提供する側になれば
消費者から逃げたり、
消費者に対していい加減な対応をしたりする。
企業のCS担当者がサービス・挨拶は大切といいながら、
普段の生活では挨拶ひとつもしない。
その側の立場に立った視点だけで物事を考える。
それが普通なのだろうか?
思いやりという言葉があるが、
相手をおもんばかり、
相手の立場に立って考え行動すること、
それが思いやり。
消費者を思いやる視点で製造者はのづくりを行う。
それがCS(顧客満足)の基本的な考え方。
思いやりのこもったものやサービスには
愛情が込められており、
消費者の側も大切にしようとする。
それが消費者の思いやり。
これが経営者と社員の間ならどうだろう。
社員の幸せを真剣に考え、
経営者が思いやりを持って社員さんと向き合う。
その愛情が伝われば、
社員さんも会社に対して思いやりを持って行動する。
思いやりとは一方通行だと寂しい。
双方向でありたい。
それぞれ自分の立場だけを主張していては
文句ばかりが出てくるが、
相手の立場を考えれば、
そこには協力関係や
思いやりの気持ちの中に相互理解が生まれる。
立場を変えれば見方もかわる。
いつも自分の立場からだけでなく
相手の立場に立って発言したいものである。
今日はそんなことを考えさせられる一日。
そんな機会を与えてくれて感謝。
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
ブログランキングに協力お願いします・・・
↓↓↓↓↓↓↓
こちらをクリック


コメントを投稿する


 
※メールアドレスは投稿されたコメントには表示されませんのでご安心下さい。

Comment


*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

コメント一覧

タグ

PageUP